よくある質問

1:共通

Q1.利用料金は?

A.AnserDATAPORTは金融機関様向けサービスとなりますので、利用料金はデータ送付先の各金融機関様へお問合せください。

Q2.利用可能な金融機関は?

A.順次、ご利用機関様を拡充しており、「取り扱い金融機関一覧」にて最新の情報を公開しております(掲載許可を頂けた金融機関様より順次掲載しております)。

Q3.セキュリティについては問題ないか?

A.回線は、閉域網を使用し、暗号化も行いますので、セキュリティについては、問題ないと考えています。

Q4.マルチバンクサービスなのか?

A.サービスとしてはシングルバンクサービス(伝送する際は、接続する金融機関様単位に伝送が必要)となります。ただし、複数金融機関様宛に同一回線、同一手順で接続できるメリットがございます。

Q5.バックアップセンターはあるのか?

A.AnserDATAPORTは、東西2センタの構成となりますので、災害時でも継続して利用できる環境を用意しております。※災害状況により利用できないケースもございます。

Q6.AnserDATAPORTとVALUXとの違いは何か?

A.AnserDATAPORTは、ホストコンピュータからシステム連携にて自動でファイル伝送を行いたいお客様に、AnserDATAPORTのご利用をおすすめしております。自動でファイル伝送を行うため、即時に残高照会等は実施頂けません。
VALUXは、パソコンに電子証明書と専用ソフトをインストールしていただき、インターネット接続にてお使いいただくパソコンバンキングサービスです。
そのためVALUXは手動で伝送を実施していただくものとなります。また即時に残高照会等実施可能です。

Q7.AnserDATAPORTのサービス時間は?

A.各金融機関様が設定されますので、ご利用する金融機関様へお問い合わせください。

Q8.ファイルは金融機関単位に分けて伝送する必要があるか?

A.ファイルは、金融機関単位に作成し、金融機関単位に分けて伝送する必要がございます。

Q9.AnserDATAPORTセンタが被災した場合のサービス継続はどうなっているのか?

A.AnserDATAPORTセンタはメインセンタとバックアップセンタがあり、AnserDATAPORTメインセンタ被災時には、AnserDATAPORTバックアップセンタにてサービス継続が可能です。
詳細については、ご利用の金融機関へお問い合わせください。

Q10.AnserDATAPORTはどのプロトコルに対応しているか?

A.全銀TCP/IP手順・広域IP網に対応しております。

Q11.全銀協標準通信プロトコルとは何か?

A.全銀協標準通信プロトコルは、企業・銀行相互間のオンラインデータ交換における通信手順です。
一般公衆電話網またはISDNを適用回線とする「ベーシック手順」、「TCP/IP手順」とIPを利用する回線を適用回線とする「TCP/IP手順・広域IP網」の3種類があります。
AnserDATAPORTはその中の「TCP/IP手順・広域IP網」に対応しております。

Q12.XXX社の(ソフト名)を利用しているが、これでAnserDATAPORTは利用できるのか?

A.恐れ入りますが、ご利用のソフトベンダ様にお問い合わせください。
また併せて、AnserDATAPORTのHP上に通信製品一覧を掲載しておりますので、ご確認ください。

2:企業様向け

Q1.企業回線(Connecure)帯域はどれくらいを用意しているか

A.最大の回線速度は、1Mbpsとなります。利用者様のニーズに応じて、帯域を確保するプランやベストエフォートのプランがあります。

Q2.企業回線(Connecure)の詳細な話を聞きたい

A.詳細につきましては、以下のページをご参照ください。
http://nws.jp.nttdata.com/connecure/

Q3.Connecureとは何か?

A.NTTデータが企業様向けにご提供している、複数のサービスセンタを利用できる金融機関取引対応の高い信頼性のある閉域ネットワークです。企業様がAnserDATAPORTをお使いいただく際にご利用いただく回線となります。ご利用者様(企業様)への直接の提供主体は、 NTTデータとなります。

Q4.AnserDATAPORTを利用するにあたり、決済代行業者を使用することはできるか?

A.企業が口座振替の依頼データを委託し、企業の代わりに金融機関への伝送を実施するのが決済代行(収納代行・VAN事業者)です。
決済代行様は、AnserDATAPORTと接続するためにConnecure回線を企業様に代わり敷設頂く必要がございます。

Q5.Connecureの回線は暗号化されているのか?

A.AnserDATAPORTを利用するための専用回線「Connecure」は、閉域網となっております。またConnecure敷設時、貴社に設置するルータからAnserDATAPORTに接続されるルータ間はIPSECによる暗号化を実施しております。

Q6.Connecureの初期費用、月額費用に含まれる内容について教えてほしい。

A.初期費用および月額費用にはルータ設定、機器レンタル、保守費用が含まれます。
また回線敷設時、NTTデータにて回線説明から工事等まで実施いたします。

Q7.初期費用、月額費用以外にConnecureにかかる費用はあるのか?

A.夜間等に工事をご希望の場合は、追加費用が発生する可能性がございます。
また、弊社ルータの設置先ラックおよび電源等はお客様手配となります。

Q8.Connecure回線故障発生時の対応はどうなっているのか?

A.ご選択いただくメニューにより対応が異なります。
詳細につきましては、Connecure窓口にお問い合わせください。

Q9.現在、既存手順(「ベーシック手順」「全銀TCP/IP手順」)を利用しているが、TCP/IP手順・広域IP網に変更すると何が変わるのか?

A.既存の手順(「ベーシック手順」、「TCP/IP手順」)から広域IP網への変更点は2点です。

1.対象の回線が変更となります。(一般公衆電話網またはISDNを適用回線からIP網に)
2.暗号化が必須となります。(仕組みは任意)

Connecureをご利用頂くことで以上2点に対応可能です。
ベーシック手順をご利用の場合には、全銀TCP/IP(広域IP網)に対応するよう企業様ホストのシステム対応が必要となります。
TCP/IP手順をご利用の場合には、今お使いのソフトが閉域IP網でも利用可能であれば既存のものを流用可能です。

Q10.AnserDATAPORTと接続するにあたって、Connecure1回線につき、同時接続数の上限など制限はあるか?

A.AnserDATAPORTをご利用時のConnecure制約として、6送信元IPアドレス/1メニューというものがございますため、同時接続数としては6が最大となります。
※同じサーバからのセッションという意味では制限はございません。

Q11.Connecureの仕様書がほしい。

A.ダウンロードサイトをご案内させていただきます。お手数ですが下記サイトから取得をお願いいたします。
http://nws.jp.nttdata.com/connecure/download.html

Q12.Connecureの申し込みがしたい。

A.ネットワークソリューション事業部営業担当 Connecure窓口宛までご連絡ください。
http://nws.jp.nttdata.com/connecure/contact.html

Q13.Connecure回線を利用するにあたり、企業側でケーブル準備・接続する必要があるか?

A.NTTデータでルータまでご提供致します。そのため、企業内にてご使用されるケーブル準備・接続はお客様にてご準備をお願い致します。

Q14.ADPを利用するにあたり、ConnecureのIPアドレスを金融機関へ通知する必要はあるか?

A.IPアドレスの通知要否は金融機関様毎に異なります。また、通知が必要な金融機関様の場合でも、伝送ファイルの内容によっては通知が不要なケースがあります。
金融機関様へのIPアドレスの通知が必要な場合は、金融機関様から貴社へご連絡があります。連絡のない場合は金融機関様へのIPアドレスの通知は不要です。

3:自治体様向け

Q1.LGWANとは何か?

A.LGWANとは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS(ジェイリス))が運営する総合行政ネットワークです。全国の自治体が接続された閉域ネットワークとなります。

Q2.LGWANを利用するのはなぜか?

A.各自治体様で既設済のLGWAN回線、及びLGWAN接続端末が流用可能となるため、接続回線はLGWANを採用しています。Connecureでのご利用も可能ですが、新たに回線を敷設頂く必要があります。

Q3.現在pufureのペイジー収納サービスを利用しているが、AnserDATAPORTに接続するためにpufureを利用する場合にも申込が必要か?

A.ペイジーとAnserDATAPORTは別のサービスとなります。AnserDATAPORTをご利用になる場合は、ペイジー契約とは別に、お申込みをお願いいたします。

Q4.pufureを利用する場合、申込期限はいつまでか?

A.申込期限は、接続試験開始予定日の1.5ヶ月前までとなります。お申込みが集中した場合、利用開始希望日の変更を相談させていただく場合がございます。
なおpufureのご利用にあたって権限やグループ構成の検討等に時間を要することも考えられますため、なるべく余裕を持ってお申込みください。

Q5.pufure利用申込書を作成する単位が知りたい。A課とB課で利用予定だが、それぞれpufure利用申込が必要か?

A.pufureへの申込書の単位は原則、自治体代表窓口ご担当者様に自治体全体分として1つお申込みいただきます。

弊社では申込書に記載された、導入作業窓口ご担当者様と仕様書ご案内や各種設定のやり取りをさせていただきます。
A課とB課で導入実務担当者が異なるため、別々のご調整が必要な場合はお申込書も2つに分けてご提出ください。

Q6.建物の違う部署から使用したいのだが、利用申込書は複数枚提出する必要があるのか?

A.pufureではIDおよびパスワードにてログインの制御を行いますため、利用拠点が離れていることを理由とした複数のお申込みは不要です。

Q7.pufure利用申込前であるが、現在の通信環境に問題が無いことを確認したい。LGWAN接続できることを確認してから申込を行いたい。

A.恐れ入りますがご利用申込手続き完了後に確認をお願いしております。

Q8.pufureを利用したい場合、誰とどのように契約手続きを進めれば良いのか?

A.「金融機関とのデータ伝送契約」と「LGWAN-ASPサービス(pufure)」の2点のお申し込みが必要となります。
「金融機関とのデータ伝送契約」については、取扱い金融機関のご担当者にご相談ください。
「LGWAN-ASPサービス(pufure)」については、お問合わせフォームよりお問合せください。申込手続きをご案内致します。

Q9.金融機関へのデータ伝送契約とpufure営業担当への利用申込みは、どちらを先に行えば良いか?

A.ADP導入を決定された後、金融機関へのデータ伝送契約のお申込みをお願いします。その後、お問い合わせおフォームより弊社へご連絡ください。pufure申込様式を送付させていただき、利用開始希望日を確認させていただきます。

Q10.複数の金融機関との取引がある場合でも、pufure利用申込は1件で良いのか?

A.利用開始日が同じ場合は1通にまとめていただいても問題ございません。金融機関欄には導入時期の早い方の金融機関名を記入ください。

Q11.金融機関の対応時期が異なる場合、その都度pufureへの申込が必要か?

A.すでにpufure利用申込済みであれば追加金融機関分として新たに利用申込書の提出は不要です。

Q12.pufureに接続する端末に求められるスペックを教えてほしい。

A.2020年11月時点の動作確認環境は、以下のとおりです。

・OS:Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 8.1 ・モニタ解像度:800×600ピクセル以上 ・インターネットブラウザ:Microsoft Internet Explorer 11.0

なお、CPUやメモリ等のスペックは特に定めておりません。

<その他条件>


・LGWANによる接続が可能であること。

詳細はお申し込み後に仕様書にてご確認ください。

Q13.pufureの利用にあたってConnecureは必要か?

A.自治体様の場合は、LGWAN回線経由でのご利用となるため、Connecureのご用意は不要です。
やむを得ずLGWANをご用意できない場合は、Connecureをご検討ください。

Q14.LGWANの準備はどのようにすればいいのか?

A.自治体様内の情報部門にお問い合わせください。

Q15.利用申し込みの後に具体的にどのような準備が必要か?

A.①準備

・LGWAN環境があることをご確認ください。 ・ファイル送受信を行う端末をご用意ください。なお専用端末とする必要はございません。
②作業
・弊社より仕様書や設定様式をご案内します。 ・自治体様内でご検討いただき、各種設定をpufureへご登録ください。 ・接続試験を実施し、その後商用利用を開始します。(接続試験の有無については金融機関様へご確認下さい。)

Q16.pufure接続で許可すべきプロトコルは何か?

A.「http、https」を利用できることをご確認ください。

Q17.端末1台で問題ないか?

A.端末は1台で問題ございません。ユーザID・パスワードでログインが必要となります。

Q18.LGWAN回線がつながっているPCであれば、複数のPCで送信作業可能か?

A.可能です。ユーザID・パスワードでログイン制御いたします。なお、PCには証明書インストールやブラウザ設定等が必要です。

Q19.ブラウザとしてInternetExprolerが推奨されているが、メーカのサポートが終了される。今後の予定は?

A.pufureの動作環境について2022年6月までにInternet explorer11.0以外のブラウザで接続できるようMicrosoft edge等で動作確認を進めております。動作確認が完了次第自治体様に周知いたしますのでお待ちください。

Q20.導入費用、利用料金を教えてほしい。

A.AnserDATAPORTにおけるpufure利用に関しては、無償となっております。

Q21.利用する金融機関が追加となった場合費用は発生するのか?

A.金融機関数に関わらず、pufureの費用は発生しません。

Q22.複数の金融機関へ一括でファイルを伝送する機能はあるのか?

A.複数金融機関への一括ファイル伝送には対応しておりません。

4:VAN事業者向け

Q1.Connecure回線の帯域速度は最大でどの程度か?

A.Connecureはメニューにより1~100Mbpsが最大となりますが、AnserDATAPORTに接続する場合は、AnserDATAPORTの仕様により、Connecureの帯域を最大1Mbpsまでとしています。

Q2.伝送代行会社一覧への掲載方法を教えて欲しい。

A.お問い合わせフォームよりお問合せください。担当者よりご連絡いたします。

Q3.通信テストはどのように行うのか?

A.初回利用企業様が接続される際に、通信テストの実施をお願いいたします。VAN事業者様と弊社との間での通信テストは、現在行っておりません。

Q4.VAN事業者主催セミナー等へのNTTデータ登壇は可能か?

A.お問い合わせフォームよりお問い合わせください。「お問合せの種類」にて「セミナー登壇について相談したい」ご選択ください。担当者よりご連絡いたします。

Q5.代行手数料等の手数料は発生するのか?

A.VAN事業者様からNTTデータへお支払い頂く代行手数料等はございません(Connecureについては利用企業様と同様となります)。

Q6.接続金融機関は今後増えるのか?

A.ホームページに掲載しております「取り扱い金融機関一覧」にて最新の情報を公開しております(掲載許可を頂けた金融機関様より順次掲載しております)。