AnserDATAPORT®
外国送金のISO20022対応

概要

Summary

概要

新しく生まれ変わる
外国送金のフォーマット

外国送金をファイル伝送でご利用されるお客様に影響が見込まれる為、ISO20022対応の概要や影響についてご案内いたします。

国際的なアンチマネーローンダリングの規制強化、送金処理の迅速化など、外国送金の課題に対応するため、SWIFTは2023年3月から2025年11月にかけて、外国送金のフォーマットを新たなISO20022対応フォーマットへ順次移行する旨を発表しています。これに伴い企業様が金融機関宛に送付する外国送金依頼の固定長フォーマットも、ISO20022対応のXMLフォーマットへの変更や伝送手順の変更が必要となります。

新フォーマットへの移行に向けて、Connecure®回線を使用し大量の外国送金をファイル伝送で扱う大企業様向けに、AnserDATAPORT®を利用したISO20022対応のファイル伝送サービスが可能になります。
本サービスの提供金融機関は取扱金融機関一覧をご参照ください。

SWIFTとは

SWIFT(スイフト)は「国際銀行間金融通信協会」とも呼ばれ、ベルギーに本部を置く非営利組織です。世界各国の金融機関が、国境をまたいだ送金情報を電子的にやりとりするためのネットワークを提供しています。200以上の国や地域の1万1000以上の金融機関が利用しており、海外送金における事実上の国際標準となっています。

SWIFTでは2023年3月から新フォーマットの適用を開始し、2025年11月に旧フォーマットの廃止を予定しています。2023年3月から2025年11月は新旧フォーマットの併存期間となり、その間に新フォーマットへ完全に移行することが求められています。

ISO20022とは

ISO20022とは、国際標準化機構(ISO)が定める、金融サービスに関連するデータフォーマットの共通化・標準化を目指して規定された国際標準規格です。システム処理に適した形でより多くの情報を送受信することが可能な共通フォーマットとして、SWIFTや世界各国の国内決済において採用されています。

ご利用のメリット

Merit

ご利用のメリット

国内送金でAnserDATAPORT®を既にご利用の場合、同一のConnecure®回線を外国送金にもご利用いただけます。
また、外国送金(ISO20022)に対応の金融機関向けには共通フォーマット・同一手順で送信が可能です。

※Connecure®とは、企業向けに複数のサービスセンタを利用できる金融機関取引対応の高い信頼性のあるネットワークです。
※Connecure®と、AnserDATAPORT®は、株式会社NTTデータにおける登録商標です。

ホストから照合用データを送信していただく事で、AnserDATAPORT®の照合機能を利用して照合を自動化し、紙の削減・業務効率化が可能です。

※照合の方法は金融機関により異なる場合があり、下記は一例となります。

企業様ご対応事項

Enterprise Preparation

企業様ご対応事項

本サービスをご利用いただく場合、以下の対応が必要になります。

項目 対応内容
※1 項目追加 拡張性の高いXML形式への変更に伴って、 項目を追加した場合、画面入力等への項目の追加が必要となる可能性があります。
※2 DB拡張 項目追加やXMLへの変更によりデータベースの拡張が必要となる可能性があります。
※3 照合データの生成 送金意思確認について、FAX等に代わり照合データを利用される場合は、照合データの生成機能を実装いただく必要があります。
※4 XML形式対応 固定長からXML形式への変更が必要です。
※5 JX手順対応 全銀手順からJX手順への変更が必要です。
※6 結果ファイル取得時間の設定 結果ファイルの取得時間の設定が必要です。
※7 Connecure回線申込 Connecure回線が必要です。
Connecure敷設済の場合、 既設回線の流用も可能です。
※8 ファイル伝送基盤構築・環境整備 金融機関とのデータ伝送の為に必要な伝送制御情報を企業様環境に設定いただきます。
※9 接続情報の変更 Anser DATAPORTに接続するための接続情報の設定が必要です。
※10 金融機関へのサービス利用申込 金融機関へサービス利用申込書の提出が必要です。
※11 運用検討 ファイル伝送エラーや受付チェックエラー時の対応等含め、企業様内の運用フローをご検討ください。

通信パッケージや会計パッケージの対応が必要となる為、各パッケージベンダへお問合せください。対応方針が決まったベンダ様については、対応製品一覧にてお知らせします。

下記よりサービス概要の説明動画のご視聴や、資料をダウンロードいただけます。

通信・ERP製品一覧

ISO20022 Vendor

AnserDATAPORT®外国送金のISO20022
対応製品・サービス一覧

各提供会社様の掲載許諾に基づいて掲載しております。
詳細については各提供会社様にお問い合わせください。

2024年5月1日現在

通信製品一覧

社名 製品・サービス名 問合せ窓口 対応予定時期 備考
株式会社インターコム Biware(バイウェア)シリーズ 担当部署:営業本部 プロダクト営業部
電話番号:03-4212-2772
メールアドレス:biware-bn@intercom.co.jp
時期未定 最新情報は弊社ホームページをご覧ください。
株式会社データ・アプリケーション ACMS Apex 担当部署:営業本部
電話番号:03-6370-0909
メールアドレス:sales@dal.co.jp
2024年9月末(予定) 最新情報につきましては弊社ホームページにてご確認ください
日本情報通信株式会社 EDIPACK21 担当部署:EDI事業本部
電話番号:03-6278-6201
メールアドレス:edi_contact@NIandC.co.jp
2024年度予定
キヤノンITソリューションズ株式会社 EDI-Master B2B Standard 担当部署:ビジネスソリューション営業本部 営業部
電話番号:03-6701-3456
メールアドレス:nts-mgr@canon-its.co.jp
2024年7月予定
株式会社インテック EDIアウトソーシングサービス 担当部署:情流)営業部
メールアドレス:edi_info@intec.co.jp
時期未定

ERP製品一覧

社名 製品・サービス名 問合せ窓口 対応予定時期 備考
XXXX XXXX XXXXXXXXXXXXXXXX XXXX

その他サービス一覧

社名 製品・サービス名 問合せ窓口 対応予定時期 備考
日本情報通信株式会社 EDIPACK/ASP 担当部署:EDI事業本部
電話番号:03-6278-6201
メールアドレス:edi_contact@NIandC.co.jp
2024年度予定
EDIゲートウェイサービス

一覧に掲載をご希望の場合は、
下記問合せフォームからご依頼ください。

取扱金融機関一覧

ISO20022 Bank

AnserDATAPORT®外国送金のISO20022
取扱金融機関一覧

※機関名横の()内は金融機関コードを表しています。
※金融機関コード順に掲載しております。

2024年5月20日現在

金融機関名 金融機関HP 備考
みずほ銀行(0001) 2024年下期取り扱い開始予定
三菱UFJ銀行(0005) 2024年下期取り扱い開始予定
三井住友銀行(0009) 2024年下期取り扱い開始予定
りそな銀行(0010) 2025年度上期取扱い開始予定

Adoption merit

導入メリット

本機能を利用することで、INS後継における企業間通信の以下の課題を解決できます。

よくあるご質問

FAQ

よくあるご質問

1:共通

Q1.AnserDATAPORT®外国送金のISO20022対応における対象取引範囲は?

A.外国送金の依頼データのみを対象としており、その他の外為取引や国内為替取引はISO20022対応の対象外です。

Q2.利用可能な金融機関は?

A.取扱金融機関一覧をご参照ください。

Q3.導入時期はいつ頃になるか

A.AnserDATAPORTとしての機能追加は2024年の下期を予定しておりますが、サービスの導入開始時期は金融機関により異なる為、取扱金融機関一覧をご確認いただき、取引銀行にお問い合わせください。

2:企業様向け

Q1.金融機関とAnserDATAPORTを接続済だが既設のConnecureは使えるか

A.既設のConnecure回線を使用可能です。伝送先銀行が同一であっても、内為送金と外国送金で宛先IPアドレスは異なります。
また、既存のConnecure回線のお申込みの際に、NAT設定ありなど宛先IPアドレスを指定している場合は、Connecure回線の設定変更の申し込みが必要となります。

Q2.通信ソフト、会計ソフトはこれまで利用していた物がそのまま使えるか

A.金融機関に送信いただく依頼ファイルは、従来の固定長ではなく可変長(XML形式)となります。また、通信ソフトについてはJX手順に対応している必要があります。
通信ソフト、会計ソフトベンダ様へのお問合せをお願い致します。

Q3.本サービスを利用しない場合、2025年11月以降どうなるのか

A.ISO20022に準拠した依頼ファイルの伝送が可能なインターネットバンキングを利用する等、他手段での対応が必要となります。
インターネットバンキングは画面を閲覧しながらの手動操作を前提としております。AnserDATAPORTはホストからの自動データ伝送に対応している為、大量のファイルを伝送する企業様に適しています。

Q4.サービス概要を知りたい

A.下記よりサービス概要の説明動画のご視聴や、資料をダウンロードいただけます。

Q5.AnserDATAPORTを用いた外国送金サービスで用いる共通ファイルフォーマット・伝送手順に関する問い合わせについて

A.貴社にてご利用のソフト提供者にお問合せください。対応予定のソフトは順次、対応製品一覧に掲載予定です。

Q6.利用する通信ソフト・ERPソフトに関する問い合わせについて

A.貴社にてご利用のソフト提供者にお問合せください。対応予定のソフトは順次、対応製品一覧に掲載予定です。

Q7.パッケージソフトは利用しておらず、自営で通信制御やフォーマット作成部分のシステム構築を行っている場合は、どこに問い合わせすればよいか

A.自営で構築されている企業様については、NTTデータから詳細な仕様の開示やご説明等を行っております。お問い合わせフォームからお問合せください。

Q8.現行の全銀フォーマットは送信出来なくなるのか

A.外国送金の依頼ファイルに関しては、2025年11月以降は全銀フォーマットはご利用いただけなくなります。
国内為替取引は今まで通り全銀フォーマットをご利用いただけます。

Q9.2025年11月までの新旧フォーマットの併存期間中は、全銀フォーマットとISO20022対応のXML形式のフォーマットの両方のデータを送信可能か

A.併存期間中はどちらのフォーマットでも国際的には取り扱い可能ですが、新旧フォーマットの切り替え時期については金融機関毎に異なりますので、取引銀行にお問い合わせください。

Q10.現在もAnserDATAPORT経由で全銀フォーマットの外国送金を行っているが、同一のルートでISO20022対応のXMLフォーマットも利用可能になるのか

A.ISO20022対応のXMLフォーマットもAnserDATAPORTでの利用が可能となりますが、全銀フォーマットでご利用のAnserDATAPORTと送付先の宛先が異なるため、宛先を変更して送信していただきます。
なお、現在ご利用のConnecure回線の流用は可能です。(NAT設定ありなど宛先IPアドレスを指定している場合は、Connecure回線の設定変更の申し込みが必要となります。)

Q11.内国為替の総合振込等で使用する全銀手順と、外国送金で使用するJX手順を使い分ける事になるのか

A.ご認識の通りです。送信する宛先が異なる為、宛先によって使い分けていただきます。

Q12.ISO20022対応のXMLフォーマットのレイアウトについて、一部のみがタグ形式に変わるのか、全体的に変わるのか

A.全てタグ形式のXMLフォーマットに変更になります。
全銀フォーマットは固定長ですが、XMLフォーマットは全ての情報を種類ごとのタグで囲って記載します。
結果ファイルもXML形式で返却致します。

Q13.ISO20022対応のXMLフォーマットはどの銀行も同じフォーマットか

A.タグで囲われた各項目の設定内容は金融機関毎に異なる為、取引銀行にお問い合わせください。

Q14.照合用データとはなにか。必ず送付する必要があるのか。

A.企業様が依頼ファイルを送信後、現状、FAX等で行っている照合(承認操作)の代わりに、企業様ホストから照合用データを送信していただきます。これにより、AnserDATAPORTが依頼ファイルの正当性確認を行い、照合の電子化・自動化を実現します。
取引銀行が照合機能を利用する場合は、照合データを作成し、送付する必要がございます。照合機能の利用有無や照合方法は金融機関毎に異なるため、詳細は取引銀行にお問い合わせください。

Q15.依頼ファイルを送付後、エラーが発生した場合に、どのような方法で確認可能か

A.エラーが発生した場合、現状では、銀行から電話等でエラー内容の確認や修正依頼をしていますが、AnserDATAPORTでは、伝送ファイルに対して各種チェックを行い、ファイルの受付可否などを結果ファイルにて還元します。依頼ファイルの内容に問題が有る無しに関わらず、いずれの場合でも、企業様において結果ファイルの取得が必要となります。エラー内容をご確認の上、問題がある場合には修正し、再送いただきます。

Q16.依頼ファイルを送付後、エラーが発生した場合、結果連絡に時間はかかるか

A.エラーの有無は結果ファイルでご確認いただきます。
結果ファイルは概ね20分~30分間隔で取得いただくことを推奨致します。

Q17.依頼ファイルを送付後、結果ファイルは必ず取得しないといけないのか

A.依頼ファイルの内容に問題がない場合、ある場合問わず、いずれの場合でも結果ファイルの取得は必須となります。
ただし、依頼ファイルの伝送自体が失敗した場合は、通信レベルでのエラー発生の旨が通知されますので、この場合は結果ファイルの取得は不要ですが、依頼ファイルの再送が必要となります。

Q18.結果ファイルは、AnserDATAPORTがチェックした結果が返ってくるのか、金融機関がチェックした結果が返ってくるのか

A.以下の2段階でチェックを実施する為、結果ファイルはAnserDATAPORTが作成する場合と、金融機関が作成する場合の2通りございます。

①AnserDATAPORTにてXMLフォーマットの形式的な部分のチェックを実施
この時点でエラーがあった場合、金融機関へは連携せず、AnserDATAPORTから結果ファイルを返却
依頼ファイルのチェックで問題がなく、照合機能利用の場合には照合チェックにおいても問題がない場合、
金融機関にデータを連携します。

②金融機関では元帳や取扱通貨などの内容の詳細チェックを実施
金融機関チェックでエラーの場合、金融機関が作成した結果ファイルをAnserDATAPORTを通じて返却します。

Q19.結果ファイルでエラーを確認後、依頼ファイルを修正して再送信は可能か

A.通番を更新いただいたうえで、再度正しいデータを送信いただきます。

3:ベンダ様向け

Q1.接続仕様がほしい

A.仕様書のお渡しには仕様開示契約が必要となります。仕様開示契約締結をご検討の場合、問い合わせフォームよりお問合せください。

通信・ERPパッケージベンダ
様向けのご案内

Information for Vendor

通信・ERPパッケージベンダ様向けのご案内

本サービスは、外国送金のデータをホストコンピュータから金融機関にファイル伝送で送信している大企業様向けとなります。上記の様な企業様へソフトを提供している場合、ベンダ様側で対応が必要となります。

本サービスへ対応の製品開発をご検討いただくにあたり、接続仕様の提示をご希望の場合には、弊社との間で仕様開示契約が必要となります。詳細は問い合わせフォームより、お問合せください。

ベンダ様からのフォームでのお問い合わせはこちらへ

詳細やお問合せ

Contact

詳細やお問合せ

企業様

サービスの概要について

概要動画のご視聴、資料をダウンロードいただけます。

Connecure回線について

Connecure窓口へお問い合わせください。

契約・利用料金・サービス仕様について

取扱金融機関一覧をご確認いただき、取引銀行にお問合せください。

通信・ERPパッケージベンダ様

ベンダ様向けのご案内ページをご確認ください。

お問い合わせフォーム

Contact Form

通信・ERPパッケージベンダ様向け
お問い合わせフォーム

本日はお問合せをありがとうございます。
よくあるご質問についてはFAQをご確認下さい。解決しない場合には、
下記フォームに必要事項を入力して送信ください。